トップページ


実践者の声

ベストスコア 103→85

東京都 佐竹 吉信さん(50歳)

左一軸打法を知るまでは、自己流も良いところで中途半端なことをやっていました。

体力がある方ですし、背も高いことから力任せのゴルフでもドライバーは
ある程度飛んでいました。

しかし、
問題は正確性、再現性が全くなっていなかったことです。

この左一軸打法に出会い、
一年余り試行錯誤しながら自分なりに考えながらやって来ました。

おかげさまで、やっと80台のスコアーが普通に出せるようになりました。

長いクラブの安定度が増し、ドライバーショットが非常に得意になりました。

スウィングの再現性が高まったことでこんなにゴルフが楽しくなるものかと
改めて実感している毎日です。

ありがとうございました。


平均スコア 87→82

東京都 阿川 茂さん(62歳)

還暦を迎えた頃から急激にゴルフの質が低下しました。

ドライバーが飛ばない、アイアンがフックする、
シャンクが出る等でピーク時のHC9(40歳~50歳代)から徐々に
下がり始め現在はHC16になってしまいました。

何とかしたいとクラブを変え、レッスン書を買いあさり、
練習場に通いましたがなかなか改善しませんでした。

そんな時、たまたま小池先生のHPに出会いオジーのスウィングと
理論を見て、今まで自分がやってきたゴルフと何か違うなと思いました。

そこでDVDを購入し左一軸打法を学び、小池先生のレッスンを受けたことで、
そのあとの月間平均スコアが82.4と前月の平均87を大きく上回りました。

何が変わったのか・・

ドライバーが20ヤード伸びた、アイアンの方向性が良くなった、
そして何より改善した理由(左一軸打法の理論)が理解できたことだと思います。

いつも一緒の仲間たちから「阿川さん最近調子いいね」
と言われて大変うれしい思いをしています。

小池先生には「まだまだだ」と怒られそうですが、
私の目標である小池先生に一歩でも近づくために努力を重ねて行きます。


ベストスコア 94→87

神奈川 渡辺重信さん(69歳)

左一軸打法に出会ってつくづく良かったと思っています。

この打法を知らなかったら練習の回数も減り、
ラウンド数も徐々に減ってゴルフをやめていたかも知れません。

退職後本格的にゴルフを始め、レッスンプロの指導を受けたり、
○○打法といった本やDVDで研究し、ゴルフ雑誌も読み漁りました。

しかし、いっこうに上達せず100前後のスコアが続いたままでした。

結局、曲がらず飛距離がでるとの
宣伝につられて、クラブを買い換えるの繰り返しでした。

しかし、この一軸打法は合理的で単純な動作で自然に捻転差ができ、
左股関節を軸に身体をまわせば、腕は腰につられて振られ、
真っ直ぐに番手通りにボールが飛んでいきます。

最近練習場では100ヤードの小さな看板に何発当てたかを励みにしています。

練習している人の90%はフォローからフィニッシュが決まらず
お世辞にもスマートなスイングといえません(以前は私もその一人でした)。

左一軸打法では何の意識もせずにこれがピタリと決まります。

過去に購入したレッスン書は全部捨てました。

いつまでも格好よいゴルフを続けるため練習に励んでいます。


千葉県 ゴルフレッスンプロ Tさん

小池先生との出会いは、あるゴルフレンジでした。

そこで小池先生の「ボールが曲がらない」スイング理論をお伺いし、
ご指導をお願いすることになりました。

この理論とは、クラブにボールが当たる前後のフェイス面を意識したもので、
手首を使いすぎず、無駄のない動きをするというものです。

私自身、ゴルフ歴は19年、ゴルフレッスンのコーチをしておりますが、
小池先生の理論を学び、自分の技術となった現在は、
自信を持って生徒へのコーチングが出来るようになりました。

常に新しく変化していくスイング理論を日々研究し、
ご指導くださる小池先生の取り組みと努力は、心より尊敬しております。

今後も進化する小池先生のスイング理論を学び、ご指導賜りたいと思っています。


ベストスコア88→82

大分県 小野 文明さん(69歳)

我流でゴルフをはじめて30数余年になるのですが、それまでは、
溢れるゴルフ情報に埋没して迷える羊でした。

このゴルフ理論に出会ってから、わたしのゴルフバイブルの
源泉として活用させていただいております。

左一軸打法を学び、わたしのゴルフは自分のものと
なりつつあります。
スエーがなくなり、トップもコンパクトで安定した打球に変化しています。

特に先生の名付けた「右肘・右腰連動」の極意はゴルフプレイでのあらゆる場面に
有効で重宝しています。

先生のますますのご活躍を祈念して、感謝とお礼の結びといたします。


野本 泰司さん

左一軸打法にして感じた事を報告させていただきます。
(箇条書きで書かせてもらいます。)

1.方向性が良くなった。
2.アプローチ、特にバンカーショットが著しく上達した。
3.飛距離が15ヤード伸びた。
4.パーオンしなくてグリーンを外してもボギーを叩く気がしなくなった。
5.難しいライ(ベアグラウンド等)からのショットが楽しくなった。
6.ゴルフが易しいと感じるようになった。
7.ハザードがあっても怖がらなくなった。
8.ラフからのショットでもそれなりの距離と方向性が出るようになった。
9.グリーンが近く感じられるようになった。
10.高価なゴルフクラブが良いショットを生むのでは無く、
良いスィングが良いショットを生むという事の理解が出来た。
11.短期間でスィング改造が出来て結果がすぐ出せる理論。
12.髪の毛一本たりとも無駄な動きをさせないスィングである
(先生の談:もっとも私には無駄な動きをする髪の毛はありませんが・・・笑)
13.SWでのスィングが出来れば、W1でも同じスィングで打てる。
(理論がどのクラブでも同じ事の証明)
等々、総合的に見て、良いこと尽くしで左一軸打法は最強のゴルフ理論であると確信しました。


愛知県 佐倉 智弘さん(46歳)

私の知り合いでHC2の方がいます。
その方は、交通事故で右足が不自由で、歩行時は右足を
引きずって歩いている方なのですが
ゴルフとなるとすばらしく力強い球を打ちます。

見ていると左足一本で打っているに違いないのですが
ティーショット、セカンド、アプローチとすばらしい限り
であります。たぶん一軸打法の真髄なのではないでしょうか?

数年でシングル入りし中部アマの予選も通るほどの尊敬する先輩であります。
先輩のスイングを見るたびに一軸を思い出します。
私も一からやり直したいと思います。


ベストスコア105→98

長野県 五十嵐 利雄さん(77歳)

ゴルフ歴は42年になりますが、70才を過ぎてから、
飛距離が大幅に落ちて悩んでいます。

レッスン書を片端から読みあさり、これはと思うDVDや
練習器具を購入したりと、涙ぐましい努力?をしていましたが、いっこうに埒があきません。それどころか練習をしすぎて、
身体を痛めてしまう始末です。

そんなときに出会ったのがこの1軸打法です。
望みを捨てなければチャンスは訪れるものだとつくづく思いました。
まだ練習を始めて日が浅いので結果は出ていませんが、
確実な手応えを感じています。私の感じるこの打法の利点は次の通りです。

1.体重移動をしないので、スイングがシンプルで、ミスショットが少ない。
2.無理な動きが無いので、身体に負担が少なく、練習が楽である。
(私のような高齢者には特に大きな利点である)
プロの世界でも重視されるこの打法を、このような低次元でとらえて恐縮ですが、
私にとってこれらは大きな利点なのです。


千葉県 降屋 充さん(60歳)

左一軸打法は、右への体重移動が無いぶんシンプルで
ダウン時の左サイドの体重移動のミス
(私の場合左サイドの体重移動のミス非常に多かったので)
も無いのでミスショットが少なくなったと思う。

今後DVDを参考にして練習と実践にてより深い取得を
目指すのと、それに伴うベストスコアーが期待出来ると
考えています。


竹本 弘子さん

左1軸打法にして良くなった点
1.左股関節を軸にして、シッカリト当たる実感が得られるようになった。
ズレタ時も分かるようになった。
2.アプローチが真っ直ぐに飛び、よく寄るようになった。
3.左サイドを止めて、右サイドを動かすコツを、体得しつつある。
ドライバーショットは、特に実感しており、得意になった。
4.体が立っている構えが、良いショットを生む。
前かがみを少なくすると良い結果が得られる。
5.今まで、軸がブレテいたのが分かった。
6.下半身がシッカリして、スイングできている。


前山 和洋さん

左1軸を意識するようになって

1.まず、フォームがキレイになったと言われる。
2.体の運動量の割には、よく飛ぶ。
アプローチのイメージで、ドライバーショットが出来るようになった。
3.時々トップする、イップス病であったアプローチが、左1軸にして、
フェースにボールを乗せて運べるレベルになり、寄るようになった。


茨城県 眞鍋 武弘さん(41歳)

昨年ゴルフを始めました。
きっかけは小学生の娘が突然ゴルフをやりたいと
いってきたことです。ところが私は未経験、父親がまったくできないのもどうかと思い、打ちっぱなしで練習を始めましたがすぐに背中を痛めてしまい、しばらく練習ができなくなってしまいました。
自己流では駄目と思いインターネットでゴルフスイングの基本を調べていたところ、
たまたま左一軸打法が目にとまり早速マニュアルを購入しました。
背中の痛みも治まり左一軸のスイング練習を始めました。

体に無理のない打法のためそれ以来体を痛めたことはありません。
今年初ラウンドをしました。
自分でも驚いたことにドライバーはほとんど曲がりませんでした。

この打法なら私のように40歳を過ぎてからゴルフを始めても、
長く楽しく続けられそうな気がします。
早く左一軸をマスターして友人たちを驚かせたいと思ってます。


>>世界最新ゴルフ上達プログラムはコチラです。 



a:2098 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

QLOOKアクセス解析