トップページ


ゴルフ場にて、日本で10本指に入る美女に会った。

先日、いつもの練習場で、驚くような光景を見た。隣の打席でスイングしていたのは、日本で10本の指に入ると言ってもいいような美しい女性。思わず見とれてしまったワケはそれだけではない。どこにも力が入っていないスイングながら、彼女の打った球は奥のネットに向かって力強く一直線に伸びていく。スライスでもフックでもない、まさにライナーと呼ぶのに相応しい。女性ながら軽く230ヤードは飛んでいるのではないか。

私はあっけにとられながら、その女性を見つめてしまっていたのだろう。クラブを握ったまま静止している私に気がついた彼女は、「ふふ、なかなかいい球だったでしょ?」と、いたずらっぽく、目配せしてきた。私は声を掛ける許可を得たように思い、素直な感想を述べた。当然のように、プロのゴルファーの気まぐれだと思っていた。

ところが、聞いてみると、ゴルフは単なる趣味だと言う。それも、ここ何年かの間に始めたばかりだと言うのだ。私はどうしても不思議だった。なぜ、彼女がそんなに上手いのか?なぜ、彼女の球は曲がらないのか。

すると彼女が、手で口の周りを囲うようにして、そっと耳打ちしてきた。耳に当たる彼女の息づかいに体がむずむずした。私は家に帰るとさっそくパソコンを立ち上げた。

>>詳細はこちらをクリック

注文画面に情報を入力する間、ずっと彼女のことを考えていた。体重移動をするからダメなの。回るんじゃなく、ひねるのよ。彼女の言葉は今ひとつ腑に落ちなかったが、目の前で見たあの美しいスイング。

彼女の推薦に間違いはないだろう。ともかく、やってみようじゃないか。一つ、これからの楽しみが増えた。



>>詳細はこちらをクリック




a:1641 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

QLOOKアクセス解析